カラーでのひと手間

CHOCOA(チョコア)では、お客様の髪の状態をみて、薬剤を調整します
髪の毛は、どの部分もすべて同じ状態というわけではないので
すでにヘアカラーを行っている部分は、新しく生えてきた部分に比べると、
状態があまり良くない場合があります
そのための前処理や薬剤の強さを変えます

お客様の希望の色に仕上がるよう数種類の色を組み合わせる工夫をしています

以前書いた補色のお話ですね

お客様のお肌や瞳の色、髪質などを考慮して似合う色を提案することができます

自分をより魅力的に見せるためには、似合う色を選ぶことが大切
僕らはパーソナルカラーと呼びます

パーソナルカラーとは、その人の生まれ持った色
(肌・髪・瞳・頬・唇など)と雰囲気が調和した色(=似合う色)
のことです
1,2ヶ月間隔で定期的に染められる方で色も変えない感じだと

根元(伸びてきた所)だけを染めて毛先は染めない
リタッチと言う技法もあります

後はかかせないのがシャンプー台で行われる乳化という技

乳化とは、洗い流す前に、お湯に髪をつけて揉みこむことなのですが、
これを行うことで色のムラやもちも長くなります
染料とお湯が混ざり合って乳液のような白濁した状態になります
まさに、この状態が乳化と言います

画像の説明

乳化の目的

1.発色をよくする

2.色ムラ、色落ちを防ぐ

3.頭皮、地肌に付着した染料を、取り除く

頭皮・地肌に付着した染料を、取り除くことでかぶれを防ぎます
後は根元から毛先までを馴染ませる役割です
お客様の情報や薬剤選定塗布の仕方や乳化

何気なくやってますがちょっとしたひと手間で結果が変わりますし
意外と気を使ってやってます(笑)

画像の説明

CHOCOA 高田 祥平

関連記事
画像の説明
美容師アドバイス
画像の説明
『カラー剤の種類と特徴』
画像の説明
『美容室的カラーリングの基礎』
画像の説明
『黒染めの注意』