高田 美容師アドバイス

【応援】ステキなドライヤーライフを!

こんにちは

【ドライヤーについて】

身近に使ってるものでさえ知ってると思ってても意外と「へ~そうなんだ」って知らないことがあるかもですよ!

そんな流れで今回はドライヤーのお話です

 

ドライヤー 温風 冷風 熱

 

ドライヤーって傷むから自然乾燥やねん・・・

確かにドライヤの熱は髪の毛を傷める原因になるけど、それは、同じ所に近くから長時間から熱風をかけているからです

自然乾燥が良いと思ってそのまま放置しておくと、細菌やダニなどが頭皮で繁殖しやすい状態をつくってしまうかも!?

そんなん言われたら怖いですよね・・・

それに対しては毛先はがっつり乾かさなくても、根元だけ乾かしておくと頭皮のニオイを防いで頭皮を清潔に保てます

一番いいのは8割ほどかわかしたら、あとは冷風をあてて乾かす!
最初は髪の内側から始めて、風が同じところにずっとあたらないように少しずつ向きを変えるのがコツ

冷風?

ドライヤーには大体冷風機能もついてますよね!?

あれは夏専用でもなく暑いから使う機能ではないのですねぇ~!

温風で根元をしっかり乾かしてその後に毛先を軽く乾かした後に冷風をあてる

髪の毛は乾いて、そして冷えた瞬間に形がつきます

髪の毛は、ケラチンというたんぱく質が細かく結合してできている

シャンプー後の髪は濡れて一時的にケラチンの結合が離れている状態でドライヤーの温風利用によって徐々に乾いて、結合していきます
結合すると髪型を固定することができます

温風と冷風は別物じゃなくそれぞれの役割があり仲良しです北風と太陽みたいに争ってはいけません・・・

 

 

髪の毛が濡れてるときが有効で乾いてる状態だと意味がなくダメージに繋がります・・・

温めて形を作り冷やして固めるチョコレートをイメージしていただければ良いかと思います

マイナスイオン効果!?で、ツヤも出ます

ちなみに弱風機能はパーマスタイルに有効です

ステキなドライヤーライフを(笑)

 

ありがとうございます

 

関連記事はこちらです!!
画像の説明 月曜日も営業しています
 
 

同カテゴリーの前後

全ての記事の前後