高田 美容師アドバイス

【美容師の商売道具】シザーの種類と特徴

こんにちは

【シザー美容師の命】

 

お客様との会話の中でお子様のカットをしてるねんって話があり自分で、自宅で切れる用のハサミも普通に売ってるらしいですね

今回は美容師の商売道具であるハサミのお話

僕もハサミを何丁も持ってます
メインのやつも研ぎに研いで3代目かな!?
最初に出会った会社のメーカーでずっとお世話になってます
数万円しますが・・・まだまだ安い方です・・・

 

シザー セニング ハサミ シザーの種類 シザーの説明

 

ちなみにハサミと書いてますが僕らはシザーって呼んでてシザーが正式名称です

僕らは長年シザーを使っていて違和感がないのですが持ち方、動かし方は普通のハサミとは少し違います!

 

 

普通のハサミは1つの穴に親指ともう1つの穴に中指、薬指を入れて握るようにどちらも動かしますがシザーはちょいとちゃうんですよね

 

 

シザーは1つの穴に親指もう1つの穴に薬指を入れて小指をかける所が大体はあるのでそこにかけて軽く持ちます

 

 

そのまま力を入れずに、親指のみを動かします

 

 

最初はどうしてもどっちも動いて大変やったね
練習あるのみでござんした
もう僕は普通のハサミでもカットするみたいに使ってしまいますね!これは美容師あるある!?

シザーの種類も用途もたくさんあります

ベーシック(主にベースカットに使います)

定番の一直線の刃

 

 

セニング(髪の毛の長さを保ちながら、毛量を調節して、すきばさみとよく言われてる)
クシみたいにギザギザしてる刃

 

 

ちなみに僕は上のセニングはウエット(濡れてる髪)用は逆刃(さかば)って言って通常のセニングとは静刃と動刃が逆になってます
刈上げとかに便利なんです
下のセニングのドライ(乾いてる髪)用は通常です

スライド(毛束の根元の方から毛先に向けて削ぐようにハサミをスライドさせるカット方法の時に使用)
少し丸みを帯びてる刃

 

 

アール(ストロークやスライドや色んな用途で使い手の創造で使える面白いシザーです)
刃先が反ってる

 

 

普通と比べると

 

 

まだあると思いますが僕の所持ではこれくらいです
色んな種類があり用途も異なります

理想としてはシザー一丁でいける方がカッコイイですしあるすごい美容師さんのお話を聞いて憧れなんですけど・・・

僕はまだ、その域ではない

(´д`|||)

がんばります

 

ありがとうございます

 

関連記事はこちらです!!
画像の説明 月曜日も営業しています
 
 

同カテゴリーの前後

全ての記事の前後