神楽岡 パーマのお客様

パーマがかけれなかったのは(ヘナ)?(椿油)?それとも??

【パーマがかけれなかったのは(ヘナ)?(椿油)?それとも??】

こんにちは!

今日のご紹介はパーマがかけれなかったというお話。

IMGP6808のコピー

とてもステキなお客様です!!

半年前にパーマをかけさせてもらったのですが、お直しも含め2回かけさせてもらいましたが

あまりパーマがかからなくて、その後迷宮入りした神楽岡です。。。

それから、色々な美容師さんにご相談してみたり個人的に色々検証したりしてみました。。

自分なりに『ヘナ』『椿油』がパーマの弊害になったのでは?と思い検証等してみました。

これと言って確信には至ってないのですが。。。

そんな先日。とてもありがたい事にもう一度担当させて頂けることになりました。

そして今回、髪の状態が思いの外しっかりしていまして(ヘナの効果かも知れません)

パーマをチャレンジすることにしました。

髪は伸ばしたいらしく、今回は毛先を整える程度で量も減らしていません。

お客様は『週1』でお気に入りのヘナをされていて椿油でパサツキを抑える感じに『ごくごく少量』全体的につけているそうです。

パーマ前に椿油を落とす為にパーマをかける部分中心に超強力なシャンプーで3回洗いました。

コーミングが困難な程ギシギシになりました。

そこからパーマへ入ります。

1液はチオ。前回の経験から通常の判断から少し長めに時間おきました。

そして流してからデジパー工程へ

完全乾燥までいきまして

IMGP6809のコピー

2液も保険で通常より長く時間をおいてからロッドアウト

IMGP6810のコピー

流し。

ここでやはりカールを感じなくなります。

IMGP6811のコピー

お仕上げ。

美容師が乾かすぶんにはなんとかカールが出せる感じです

IMGP6812のコピー

普通の人なら自宅で再現は難しいレベルだと言う事をお伝えし

IMGP6813のコピー

僕の経験と知識ではこの髪質にパーマをかけてスタイルを作ることが出来ません。。

とお伝えしました(T_T)

正確にはここまで負担をかけてすることでは無いという意味です。

そして5日後、髪の状態を見させていただきました。

IMGP6816のコピー

一見パーマが残ってるようですが、実はセットが上手く

自宅で くるくる巻いてお団子にしてヘアクリップでとめて寝ているそうです。

そして出かける前にお団子をほどくとこんな感じになるそうです。

IMGP6817のコピー

シャンプーするとこんな感じです。

IMGP6818のコピー

かなり『しっかりパーマがかかるハズ』の工程でこれは悲しいです。。

IMGP6820のコピー

そして乾かすとこんな感じ

IMGP6819のコピー

今後、打つ手がなく

こちらのお客様とは今後カットで対応させていただきカールは『お団子方法』や『コテ』で対応していくことになりました。

美容師として力不足を感じるしかありません。

今のところヘナは外せないので、僕の出来る最善策がカットかと。

今後、もっとこういう髪質へのアプローチを勉強していきたいと思っています。

もし、有効な手段等ありましたらメッセージ等いただけましたら幸いです。

 

 

関連記事はこちらです!!

 
 

同カテゴリーの前後

全ての記事の前後