高田 美容師アドバイス

シザーの各部名称を紹介【ハサミ】

こんにちは

【シザーの各部の名称】

 

シザーの写真に各部に番号をふってます

 

シザー ハサミ 各部 各部の説明

 

①,静刃(せいば)

固定して動かさない刃の事をいいます

②,動刃(どうば)
動かす側の刃の事をいいます

③,裏すき
少し窪んでいてはさみの良し悪しに関わる
重要な所らしいです

④,ネジ
平らなネジで器具が必要、手で調整できるネジなど色んな種類があり、開閉の硬さの調整ができます
宝石!?などで装飾してオリジナリティーを出したりする方もいてはります
僕は意味はないけど温度の変化で色が変わるネジがついてます(笑)

⑤,ハンドル
好みやデザインにより使い心地が違うので、シザーを選ぶ際に重要なポイントですね

⑥,ヒットポイント
開閉した時、音を消す役目や衝撃を吸収する役目があります
僕のはゴム製ですねステンレス製もあり、
カチカチならすのに憧れていた時期もあったな~

⑦,小指かけ
単純に小指をかける所です

刃の長さ(インチ)も違ったりします
基本は5インチから7インチ!?
細かい作業に最適だったり刈上げに最適だったり用途でも変えたりするんでしょうけど好みだったり馴染んで使いやすいサイズを僕は選んでますね

使ってるのは最小で5.5インチで最長で6インチです

 

ハンドルの種類

オフセットハンドル

比較的、静刃が安定しやすいタイプで手の小さい方でも開閉しやすい

 

メガネハンドル

他の形のハンドルに比べ、裏返して使う事ができるタイプです

 

 

3Dハンドル

手にしっかりとフィットするように設計されたハンドルで手が疲れにくいらしいです

 

 

大体この3種かな!?

僕は指が細いのか手が小さいのか不器用なのか(笑)親指がすっぽり入り過ぎるので輪っかをはめ込んでます

 

ありがとうございます

 

関連記事はこちらです!!
画像の説明 月曜日も営業しています
 
 

同カテゴリーの前後

全ての記事の前後