高田 美容師アドバイス

《カラーの疑問》毎回、髪全体を染めた方が良いの?

こんにちは

【ヘアカラーでの疑問】

 

ヘアカラーでの疑問の1つに毎回全体染めなきゃダメ?です

答えとしては毎回全体染める必要はないです

伸びた所だけ染める技リタッチ

これは可能です
しかし良い所と悪い所があります

良い所としては

  • 施術時間が少し早くなります
  • 料金が少し安くなります(伸び具合によります)
  • 必要な所にしか薬剤がつきません
  • パーマを同じに日にできます

悪い所としては

  • 髪色、色味をを変える事ができません
  • 中間から毛先はそのままなので赤味や黄味など退色は落ちつきません

3ヶ月を超えてくると根元も約3cmくらい伸びますし毛先などの退色も気になるので

オススメとしては全体染めて、リタッチそして全体染めのように間に挟む間隔が良いと思います

 

リタッチの工程

既存のお客様であれば前回カラーさせてもらったレシピをメモしてるので合わせるのは簡単です

初めての方はカウンセリングで髪色をみて
合わせていきますそこは長年の勘です(笑)

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リタッチ部分(新生部)に調合して
合わせたカラー剤を塗布します

リタッチ カラー 疑問 工程 間隔 根元だけ プリン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラップをかけて少し時間を置いて発色を待ちます

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳化してシャンプー

シャンプー台でお湯とカラー剤を指の腹で
マッサージをするように優しく馴染ませます

目的としては地肌についたカラー剤を浮かせて綺麗に取る事と色持ちを良くする事、
そしてカラー剤はアルカリ性なので乳化をしてゆっくり中性にもっていくことで髪の毛の負担を減らせます
その後シャンプーします

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

乳化、シャンプーが終わると乾かして仕上げです

リタッチ カラー 疑問 工程 間隔 根元だけ プリン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

  • カラーを毎回全体染める必要はありません
  • メリット、デメリットもある
  • リタッチして全体してと間隔をあけるほうが毛先に対しては良い

ちなみに白い髪の毛が気になる方で分け目とフェイスラインだけをリタッチする方もいます

僕はTゾーンカラーと呼んでます

皆様と一緒に素敵なヘアカラーライフを考えていきましょう

 

ありがとうございます

 

関連記事はこちらです!!
画像の説明 月曜日も営業しています
 
 

同カテゴリーの前後

全ての記事の前後