高田 美容師アドバイス

《改良版》簡単にヘアカラーの仕組みを説明

こんにちは

【カラーについて簡単に説明します】

 

ヘアカラーで使うカラー剤のお話!

 

チョコアでは、お客様の側でカラー剤を作ります

意外と初めて見る方とかいて、ちょっとしたパフォーマンス!?

 

ヘアカラーで使う薬剤は1剤と2剤の2種類があります

1剤は主に染料(色味)が入っています

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これをニューっと押し出します

色味や温度によって固い柔らかいがあるように僕は感じます!?

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです!

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2剤は主に過酸化水素水(脱色)が入っています

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです

このままでは、まだ不完全でこれを混ぜます

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この作業をしてると、料理をしてるかのように見えるそうで、美味しそうって声まであるほどです

勿論食べれません(笑)

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、しっかりと混ぜます

この作業も手を抜くとキレイに染まりません

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1剤2剤とも他にも色々入ってるのですが割愛させていただきます

これら2つを混ぜることによって酸化反応が起こり、色が入ります(メラニン色素を分解、脱色して色を入れる)

 

画像の説明

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これを髪の毛に塗布して、色が入っていきます

 

カラー 仕組み 簡単に説明 薬剤 染まる 原理 色素 過酸化水素

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は全てせぬぅにお手伝いしてもらいました!!

 

まとめ

1剤と2剤で構成されている

2つが混ざり合い反応が起きる

髪の毛に塗布するとメラニン色素が分解され脱色して色が入ります

これがヘアカラーの仕組み!

 

ありがとうございます

 

関連記事はこちらです!!
画像の説明 月曜日も営業しています
 
 

同カテゴリーの前後

全ての記事の前後